新建新聞社コラボ版『「構造塾」チャンネル2024』開講直前スペシャルプレセミナー

  • CPDS
  • 建コンCPD
  • 測量系CPD
  • 建築系CPD

M’s構造設計×新建新聞社 presents

木造建築の構造を理解する!WEB講座 ※視聴無料

構造塾チャンネル2024 開講直前スペシャルセミナー 


「能登半島地震」の被害からも見えてくる絶対必要な「構造」への取り組み

皆さまご承知の通り、2024/1/1の16:10、石川県能登半島を震源とした、
・マグニチュード7.6
・最大震度7
という規模の地震が起き、石川県、新潟県、富山県、福井など広範囲なエリアで被害が出ました。
震災の状況は日々報道されていますが、石川県だけでも4万棟を大きく超える住宅被害が出ており、いまだに全貌は分かりません。

今後の調査も進めば、さらに詳細な被害状況も判明するでしょうが、まず今回の震災の特徴としては、
・耐震性能の低い木造住宅の倒壊
・火災
・液状化被害
・土砂崩れ、地割れ
・津波被害
と、あらゆる種類の被害が見受けられます。

もはや建物自体の耐震性能にとどまらず、常に災害対策を視野に入れた取り組みが必要な段階にあると言えます。

そのような時代に、住宅に携わるプロが絶対に押さえておくべきポイントと取り組み手法を、現地視察の内容と共にお伝えいたします。

  株式会社M’s構造設計 と当社のコラボレーション企画『新建新聞社コラボ版「構造塾」チャンネル2024』の開講を4月に控え、開講直前講座で今年の住宅業界の動きを先取りしませんか。

【「構造塾」チャンネル】とは?

木造住宅の構造計算、構造設計の最新情報や技術研修(講座)を学べる会員制度。技術研修(講座)についてはいつでも、どこでも動画(構造塾チャンネル)で観ることができます。木造住宅の構造について、基礎的な考え方から実務に役立つ情報までを、分かりやすく解説している講座です。講座は各回ごとに独立した構成になっているので、年度によらず、どの講座からでも受講可能です。ご自分のペースに合わせた学習ができます。

開催概要

※一部内容の変更が生じる場合があります。予めご了承願います。

開催日時 2024年2月27日(火) 15:25 ~ 17:00 ( 15:00 ZOOMミーティング入室開始)
開催地 オンラインセミナー:ZOOMミーティング
定員 300名
参加費 無料  
参加締切り 2月26日(月)17:00まで
主催・共催 新建新聞社/株式会社M’s構造設計

講師紹介

趣旨説明

15:25~15:30  新建新聞社 伊藤 尚史

Session 1

15:30~16:40

『「能登半島地震」の被害からも見えてくる絶対必要な「構造」への取り組み』

(株)M’s構造設計
代表取締役 佐藤 実構造塾塾長、一級建築士・構造設計一級建築士・農学修士(東京大学大学院/木質構造建築物基礎構法)木造住宅専門の構造設計・構造計算、構造計算育成コンサルティングなどを行っています。
構造を基礎から学ぶ「構造塾」も主宰しており、現在構造塾塾生は全国に1,500社、2,000名。
「日本中の木造住宅が地震で倒壊しない」ことを基本理念に構造計算の必要性を伝えています。
著書『楽しく分かる!木構造入門(改訂版)』ほか。

・「能登半島地震」被災地の現地視察報告と建築エリア検討のポイント
・構造の安全性確保は当たり前、構造の安定性とコストダウン両立のポイント
・2025年の法改正を前に取り組んでおくべき「構造設計内製化」のポイント

Session 2

16:40~17:00

新建新聞社コラボ版『「構造塾」チャンネル2024』WEB講座の概要と説明

◆「構造塾」チャンネル:

月曜日の午後にライブ配信でお届けする基本コースです。

「基本講座」も29回と増量するのに加えて、折々の最新情報を盛り込んでお届けする「最新情報セミナー」も11回、合計40回の内容をお届けします。

(2024年度カリキュラムはセミナー当日に発表します)

ライブ配信ではリアル参加された方はその場で質疑応答が可能です。

すべて録画いたしますので、参加できなかった回も後日、アーカイブとしてオンデマンドでご視聴いただけます(2021年度~2023年度内容含めて)。


以下はさらにステップアップを希望される方向けの追加講座(費用別途)です。各研修・コンサルの受講費用はセミナー当日にご案内いたします。

◆個人のスキルアップとしての「3回連続研修」:

「木構造マイスター認定講座」を軸とした3カ月連続の研修で資格取得も可能

※「木構造マイスター認定講座」の詳細は下記専用サイトをご覧ください

https://www.housing-m.net/certification/woodstructure/

◆企業向け「合同コンサル」(1チーム10社程度):

合同ミーティングで研修内容を共有しながら、自社オリジナルの「構造計画ルール」策定や構造計算との付き合い方など、知識だけではない「自社業務への実践手法」を学ぶ

◆企業向け「構造コンサルティング」:

M’s構造設計と個別で顧問契約を締結し、自社物件の構造計算による「耐震等級3」確保に向けて、さまざまなアドバイス、サポートを行う

・・・・・・・・・・・ 終了 17:00 ・・・・・・・・・・・・

新建新聞社とは
新建新聞社は長野県長野市に本社を置く、創業70年を超える「インフラメディア」企業です。 国土交通省建設専門紙記者会などに加盟。自らも地域に生きる中小企業である企業市民としての目線と当事者意識をベースに、「建設」「住宅」「危機管理」という地域のインフラに関わる分野で専門メディアを発刊しています。建設分野においては、長野県内で新聞メディア(業界情報紙・日刊工事情報紙)やウェブでの情報提供サービス、セミナーなどを通じて、建設業界に関わる様々な情報を発信。地域建設業の応援紙として活動しております。