動画上映版/2月19日開催 松本会場「土木インフラセミナー道路防災編」㏌中信

  • CPDS 4ユニット
  • 建コンCPD 3.16単位
  • 測量系CPD 3単位
  • 建築系CPD

新建新聞社主催 建設実務者スキルアップセミナー 「土木インフラセミナー道路防災編」㏌中信

~豪雨、土砂、落石から道路を守るために必要なこと~

 道路法面や、擁壁、落石防止工などの点検が本格化し、維持補修の取り組みが進む一方、想定を超える豪雨や、経年による自然斜面の変状による土砂災害や落石による被害も多く報告されている。斜面災害から道路を守るために必要なことはなにか-。当講座では道路防災施設の調査点検・工事で導入が進むICTなどの最新技術の活用や、災害時の対応などに焦点を当て、県内の状況や県内外の最新事例を紹介。各分野の専門家より解説していただく。

※本セミナーは、2020年10月9日開催「土木インフラセミナー道路防災編」を録画した動画の上映版となります。10月9日にご出席いただいた方は本セミナーにご参加されても継続学習制度の単位は認定されません。
※CPDS形態コード108の「DVD・映画等の視聴覚機器を使用する講習(社内研修除く) 」に該当します。年間の取得ユニットの上限は「6」となります。

時間 2021年2月19日(金) 8:45~12:15(受付開始8:30)
会場 信州スカイパーク やまびこドーム 第1会議室
継続学習支援制度 土木施工管理 CPDS 4Unit
建コンCPD 3.16単位
測量系CPD 3単位
定員 25名 ※新型コロナウィルス感染拡大予防のため定員60名のところ50%未満で開催します
受講料 4,500円(税抜) テキスト代含む
申込締切 2月15日(月)17:00まで ※なお定員に達し次第締め切ります
主催 新建新聞社
共催 (一社)建設コンサルタンツ協会関東支部長野地域委員会/(一社)長野県測量設計業協会
後援 長野県/長野県建設業協会/長野県土木施工管理技士会

チラシダウンロード

参加申し込み

講演内容/講師紹介

Session 1

■ 8:45〜 9:45   

『長野県における大規模道路災害への対応と
減災・防災、国土強靱化のための3か年緊急対策の取組状況』

長野県 建設部 道路管理課
安全防災担当係長 山口 恭右

長野県では、令和元年東日本台風、令和2年7月豪雨により、2年連続で激甚災害に指定される災害に見舞われた。道路災害では、近年まれに見る大規模な法面崩落により、通常の災害復旧が困難な事例も発生している。当講座では、最近の大規模道路災害とその対応事例、減災・防災、国土強靱化のための3か年緊急対策における道路防災の取組状況等を紹介する。

Session 2

■ 9:55 〜 10:55

『令和2年7月豪雨災害の概況と対応』

野島建設株式会社
代表取締役社長 野島 登

令和2年7月豪雨では、長野県南部地区にも大きな被害が報告された。喬木村でも(一)大島阿島線 加々須地区において 道路斜面の土砂崩落災害により集落の孤立状態が発生した。当講座では、当時の災害概況と現場での対応状況を紹介、解説する。

Session 3

11:05~11:15

『日常から緊急時まで現場の効率化を支える
「ハザードトーク」と「ハザードライブ」』

テレネット株式会社
代表取締役社長 青山貴子

グループ通話や写真・動画の共有機能を使い、現場と現場事務所間などの連絡を複数の関係者で一斉に行うことができる「ハザードトーク」。建設現場における日常作業では、距離や人数に制限されず工事の状況などを共有することができる。また、ハザードトークとビデオカメラをセットにした「ハザードライブ」は、映像を通して遠隔地からの業務支援や進捗管理などを行うことが可能。日常業務における活用のほか、災害時における被災・現場の状況報告・共有などにも有効に活用できる。平時から緊急時まで現場業務・作業の効率化を支える「ハザードトーク」と「ハザードライブ」の機能や使い方を紹介します。

Session 4

■ 11:15 〜 12:15

『吹付法枠工の省力化技術・老朽化吹付法面の
対策技術の紹介』

日特建設株式会社 技術開発本部 ICT開発部
次長 窪塚 大輔

建設業の労働者不足が叫ばれる背景のもと、吹付法枠工の省力化を図るための技術を開発した。また、老朽化した吹付法面を効率よく対策できる技術を開発した。本セミナーでは、これらの技術概要や対策事例等を紹介する。

アンケート記入

■ 〜 12:15  

閉  会 12:15

アクセス

信州スカイパーク やまびこドーム 第1会議室
〒390-1132 長野県松本市空港東9036−4
TEL: 0263-57-2211 
FAX: 0263-57-0444
(TOY BOX 信州スカイパークサービスセンター)

アクセス

◆JR松本駅〔約9キロ〕・JR塩尻駅より〔約9キロ〕
🚓:駅前よりタクシーで約25分
🚌:松本バスターミナルにて、アルピコ交通路線バス「空港・朝日線」乗車 ⇒
 ⇒「やまびこドーム前」停留所下車乗車時間(乗車時間約25分) 徒歩5分
🚗:長野自動車道 松本ICより [約8km] 約10分
※場内は大変広いためご来場の際はお時間に余裕をもってお越しください。

【新型コロナ感染症対策方針】

新建新聞社では、政府・長野県・開催地域が定めている最新のイベント開催判断基準に基づき対応・対策を進めております。また室内の換気や消毒などの感染予防対策を徹底して開催しています。ただし、今後の感染拡大状況によっては、急遽中止とする場合もございます。その際は、速やかに改めてご案内いたします。


【参加費の返金・免責事項について】

新建新聞社では、セミナー開催に向け最善の努力をいたしますが、当社の都合または判断でセミナーの開催を中止した場合は、お振込みいただきました受講料を全額返金いたします。なお、開催中止の場合、旅費交通費や入金時の振込手数料などの補償はございませんので予めご了承ください。それ以外の場合は、受講料の返金対象にはなりませんのでご了承ください。自然災害の要素に帰すべきに理由、政治若しくは経済の混乱、第三者の命令または指示でお客様がセミナーに参加できなくなった場合なども、返金対象となりませんのでご理解をお願い致します。